文字サイズ 標準

奨学金・サポート制度Scholarship

前のページへ戻る

独自の取り組みで学生の学び・生活を支援。

山口東京理科大学では、学生が学業に打ち込める環境づくりに積極的に取り組んでいます。奨学金制度もその一環。日本学生支援機構や独自の奨学金など、各種奨学金制度が充実。過去3ヶ年(H22〜24)の奨学金採用率は100%で、奨学金申請者(有資格者)全員が採用されています。

山口東京理科大学特別奨学金

山口東京理科大学奨学金
貸与額:学部 360,000円(無利子・他奨学金併用可)
人物・学業とも優れ、かつ健康な者で経済的理由により就学困難な者
山口東京理科大学 兄弟姉妹奨学金

給付額:入学金相当額(290,000円)(他奨学金併用可)
次のいずれかに該当するもの/本学に兄弟・姉妹が在籍している者、卒業した兄弟姉妹がいる者、兄弟姉妹が同時に複数名入学する場合、いずれか1名を除いた者


山口東京理科大学 同窓子女奨学金

給付額:290,000円(他奨学金併用可、兄弟姉妹奨学金併用不可)
学校法人東京理科大学の大学(東京理科大学、山口東京理科大学、諏訪東京理科大学、東京理科大学山口短期大学、東京理科大学諏訪短期大学)の卒業生を父母とする者、但し兄弟姉妹が同時に複数名入学する場合、いずれか1名を除いた者

日本学生支援機構

家計基準
父母又はこれに代わって家計を支えている者の収入が日本学生支援機構の基準額を下回る者
学力基準
1年生 高校の成績が平均水準以上
(第1種の場合は評定平均値3.5以上)
2年生以上 学業成績が学部内の一定基準以上

貸与月額 ※大学院生にも推薦や情報提供を行っています。
第1種 自宅通学  30,000円又は54,000円
自宅外通学 30,000円又は64,000円
第2種 30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・ 120,000円の5種類から選択

民間奨学金

交通遺児育英会
貸与月額:40,000円・50,000円・60,000円から選択
(無利子・他奨学金併用可)
入学一時金額:400,000円・600,000円・800,000円から選択
(無利子・他奨学金併用可)
保護者等が道路における交通事故で死亡もしくは後遺障害のため働けない状態にある子女
あしなが育英会

貸与月額:一般 40,000円

(無利子・他奨学金併用可)

特別 50,000円

(無利子・他奨学金併用可)

保護者等が病気や災害などで死亡したり、著しい後遺障害のため教育費に困っている家庭の子女

やまぎん学資ローン

  • 山口県内の大学に入学予定の学生および在学生の保護者は特別金利の学資ローンが利用できます。
  • 入学金や授業料のほか、生活費など卒業までに必要な教育資金がタイムリーに借入れることができます。
融資金額:10万円以上500万円以下(1万円単位)
融資期間:6ヵ月以上10年以内(6ヵ月単位)
融資利率:固定金利、変動金利から選択

詳細は下記にお問い合わせください。
山口銀行(フリーダイヤルマーク)0120-71-6006

株式会社セディナ山口東京理科大学学費ローン

  1. ご利用いただける方
  2. 借入時の年齢が20歳以上で、山口東京理科大学への入学生および在学生の学費を負担される方が利用できます。
  3. 資金使途
  4. 山口東京理科大学に納付する学納金(ただし、前年以前に納付済の金額は除きます。)
  5. 借入金額
  6. 5万円以上500万円以内
  7. 返済期間
  8. 最長10年(120回)据置型分割返済を利用の場合には据置期間を含む
  9. 返済方法
    • 元利均等分割返済 ボーナス加算可能(元金の50%以内)
    • 据置型分割返済 据置期間中は残債方式により算出された契約者負担手数料(金利)のみ。
  10. 借入利率
  11. 実質年率 年 3.90%
  12. 契約者手数料

応募に際して

奨学金の中には給付の奨学金もありますが、ほとんどの奨学金は貸与となっています。貸与である以上、卒業後は返還しなければなりません。特に有利子の場合は、貸与額より多くの金額を返還することになります。応募の際には卒業後の返還のことも考えたうえで、願書を提出することが必要です。

奨学金の応募手順

奨学金の出願から採用までの流れは、以下のとおりです。
奨学金募集説明会出席
  • 原則として欠席者にはいずれの申込関係書類も配布いたしません。
申込関係書類を提出する
  • 提出期限を厳守してください。
  • 家族の所得に関する証明書類は必ず必要となります。
1.日本学生支援機構の場合 2.山口東京理科大学奨学金の場合 3.1,2以外の奨学金の場合
 
インターネット
「イクシス」で
申し込みをする
  • 申込関係書類提出者には、ユーザーID及びパスワードをお知らせします。
面接を受ける 
  • 山口東京理科大学奨学金の場合、面接修了後採用者を決定します。採用者は後日、採用説明会に出席してください。
大学より各奨学会へ願書を提出する
各奨学会より大学宛に採否通知の連絡

学費納入SOS

何らかの事情で、授業料が払えない!学業を続けたい!
このような方は、事務室へ相談してください。
日本学生支援機構には、家計急変を対象とした応急採用や災害採用の奨学金制度がありますが、奨学金は交付までに時間がかかるので、授業料などの一部に充てたいときは早めに相談するようにしてください。
上記奨学金の対象に該当しない場合は、国の教育ローンである「日本政策金融公庫」の教育貸付制度をお勧めします。申込は下記のとおりです。
国の教育ローン(教育一般貸付)
融資額 学生1人につき300万円以内
使い道 学校納付金、受験にかかった費用、住居にかかる費用、教科書代、教材費、パソコン購入費、学生の国民年金保険料など
返済期間 15年以内(交通遺児家庭または母子家庭の方は18年以内)
取扱窓口 日本政策金融公庫
教育ローンコールセンター 
0570-008656、03-5321-8656

VOICE

古谷 健吾さん古谷 健吾さん
広島県 広島大学附属高校出身

親にかかる経済的な負担を考え、
奨学金を受けることで大学進学を決めました

親への経済的な負担を考え、いろいろと相談した結果、奨学金を受けることで大学への進学を決めました。入学後、日本学生支援機構に申請し、10月から月3万円の奨学金を受けています。この奨学金とアルバイトで得た給料を生活費にしています。山口東京理科大学に進学を決めた理由として、学費が安く、学校周辺のアパートの家賃が安かったこともあります。経済的な不安が解消された上、自然に囲まれた落ち着いた環境で学べています。

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1


関連ページ